掲示板カポエィラとは楽器と音楽技動画組手動画カポエィラ・テンポ東京日記 | 通販用語集リンク トップ

東京のカポエィラ テンポ、「超初級クラスで」生徒募集中!カポエィラ超初心者の人はまずこちらの超初級説明ページへ!

カポエィラとは?歴史と形態




カポエィラの歴史

※ここに書いてある歴史は、あくまで一般的に流布してる歴史です。
  現在は諸説飛び交ってる状況ですので、これが全てだと思わないようよろしくお願いします。

カポエィラの形態の説明へ



カポエィラとは、単なる武術ではなく、単なる舞踏でもありません。ひとつの蹴りを見てみても、武術的に
見て効果的な面もありながら、さながら踊っているかのような華やかさも兼ね備えています。
その上カポエィラの中には音楽や儀礼、歴史など様々な要素が含まれています。
当地ブラジルでは、単なるサッカーに続くスポーツなだけではなく、もっと大きい存在となっているのです。
ある意味、文化であり生き方であり哲学と言えるカポエィラ。その歴史をご覧下さい。

カポエィラの起源

16世紀頃、ブラジルではサトウキビを中心とした農業を発展させるための労働力を必要としていました。
当時ブラジルはポルトガルの植民地でした。
普通、植民地において労働を強いられる=奴隷になる人間は現地の人間、いわゆる原住民なのですが、ブラジル
(ブラズィウ、BRASILと言う名前は、当時の代表的な輸出品目だったパウ・ブラズィウと言う赤い染料になる木から来てます)
に住むインジオ達は昔から豊富な資源に恵まれ、食料を農作業などによって増やすと言う事、
要するに仕事をする必要のほとんどない生活をしてきていたため、労働の才能が体質的にも欠如していました。

そこでポルトガルは、もともと自分の国や他の植民地に昔から取り入れている事もあって、
アフリカから黒人奴隷を大量にブラジルに送る事にしました。
彼らはインジオと違って働き手として申し分ない働きをする事になります。

そして当時のブラジルの表玄関と言える港町バイーア州サウヴァドールには奴隷市場(今のペロウリーニョ広場など)
が建てられて人身売買が行われました。
この時、ブラジルには主に西アフリカから奴隷と共に民族楽器(ビリンバウの原型と言われるウルクンゴ?等)や
宗教(カンドンブレー)、料理、言葉や歌など様々なアフリカの土着文化が流入する事になりました。

その中に土着格闘技(ゼブラダンスと言われるN’GOLO(ニゴーロ)など)があったと言います。
これがカポエィラの源流だと言う説があります。
今はおみやげ物市場になっているメルカド モデーロ。昔は奴隷市場。地下は奴隷収容所。
今はおみやげ物市場になっているメルカド モデーロ。昔は奴隷市場。地下は奴隷収容所。

奴隷達の格闘技

黒人奴隷政策としてほぼ必ずとられていた処置に、言葉の違う様々な部族出身の奴隷達を一緒にさせると言うものがあります。
これは彼らの団結をしづらくするためでしたが、それはすなわち1つのセンザーラ(奴隷小屋)の中に
様々な文化を持つ人達が共存していた事になります。
カポエィラは1つのあるアフリカの格闘技がそのまま進化した形ではなく、
様々な要素が時間をかけて折り重なった結果出来上がってきた物である事は疑いがないでしょう。
同じような形で折り重なり、今の形になっている物は宗教や料理など他にもたくさんあります。

カポエィラと言う名の語源はブラジルのインジオの多数を占めるトゥピー グァラニー族の言葉から来ています。
奴隷達が練習や、センザーラを逃げた時に追っ手を撃退する場として好んだのが
「CAPOEIRA」と言われる茂みだったのが転じてそのまま名前になりました。
ですが様々な説があって、由来に違いがありますがそれは地方による違いだと思われます。

奴隷達は時として支配者から理不尽な暴行を受ける事もあったと言います。
そうした中で自分の身を守るためにも、奴隷達はカポエィラを身につけるようになりました。
手かせをはめられた状態で闘うと言うイメージはここから始まるわけですが、
実際はどんな闘い方をしていたのかは、今ではわかりません。

しかしそんな奴隷達のカポエィラによる抵抗に対し、支配者達は

「たとえ練習しているところを見つけただけでも即座に処刑する」

と言う制度を持って弾圧しようとしました。
しかし奴隷達は実際に処刑による死者や手足を切断される者を出しながらもカポエィラを捨てようとはしませんでした。
カポエィラを捨てると言う事は支配に屈服すると言う事です。
当時のカポエィリスタ達にとってカポエィラは単に闘う手段だけでなく、アイデンティティーでもあったわけです。

また、奴隷同士のケンカは見つかったら即、罰を受ける状況(奴隷=商品ですので、商品が勝手に傷つけあうのを嫌がった)
だったので、ケンカに見えないようにケンカをする手段としてカポエィラが生まれた等とも言われています。
このあたり、ブレイクダンスの誕生と微妙に似ています。
ブレイクダンスはカポエィラから生まれた(それはないと思いますが)と言われるのは、そのためかも知れません。
水汲みの奴隷のケンカ 鎖で繋がれてる奴隷達
水汲み奴隷達のケンカ                            鎖で繋がれてる奴隷達

カモフラージュとしての音楽と踊りの要素

現在、カポエィラにとって音楽と踊りの要素は切り離す事ができなくなっていますが、
これらは奴隷時代にカポエィラを踊りに見せかけて密かに練習するために音楽に合わせて
行ったものが今に受け継がれているためと言われています。

奴隷達にも自由な時間はありました。
そういった時、みんなが集まり民族舞踊の練習をしているかのように音楽を付け、カポエィラの練習をしたと言うわけです。
ちなみにカポエィラの歌の中には昔から伝わる童謡みたいなものもたくさんあります。

有名なRugendasの絵。右の方で太鼓を叩いている人がいます

逃亡奴隷達

もちろん服従に堪えられず、自由を求め逃亡した奴隷達もいました。彼らはキロンボと言う共同体を作り、
そこで自給自足をし、自由に生活しました。

伝説的指導者、ズンビが率いたキロンボであるキロンボ・ドス・パウマーレスは、
数十回に渡って政府軍の攻撃をしのぎ、これを破ったと言います。
(ただ、実際に政府軍との戦いにカポエィラをフルに使っていたわけではないようです)

しかし本腰をいれた政府によって1694年に敗れ去るのですが、
この時、逃亡奴隷達は捕まって自由を奪われる事より崖から飛び降りて全滅する事を選びました。

 「自由を奪われるくらいなら死を選ぶ」

このような強烈な意思が奴隷達の中にはあったわけです。

したがって奴隷達の反抗手段たりえるカポエィラは長い間、反政府的なものであり続けました。
1864年〜1870年のパラグアイ戦争では兵隊不足のため、黒人奴隷達も正規の部隊として派遣されました。
その中にはもちろんカポエィラ戦士もいたわけですが、近年までのカポエィラの歴史は弾圧の歴史でありました。

カポエィラ合法へ

1888年に奴隷制度は廃止されましたが、依然としてカポエィラは違法とされ、表だって練習する事はできないままでした。
そもそも奴隷だった人達は、夜中に外を出る事も当分の間禁止されていました。

奴隷制度があった時はひどい環境とは言え仕事があった奴隷達にとって、自由になると言う事は仕事を失う事に繋がりました。
仕事が見つからないカポエィリスタ達の中からはその力を使って犯罪に走る者や、
政治家達が政敵を攻撃するための刺客として雇われる者など(マウタ)が多く現れました。
彼らはカポエィラが遺法であり続け、さらに世間にカポエィラの悪いイメージを植えつける原因となりました。

ビリンバウと言う今ではカポエィラに欠かせない楽器はこの頃にカポエィラに導入されたのですが、
警官の目が届かない時はカポエィラの練習用のリズムを奏で、見まわりの警官等が現れた時、
即座にカヴァラリーアと言うリズムに切り替え、カポエィリスタ達に自然に警官の存在を知らし、
カモフラージュのための踊りを踊るようにさせた、もしくは解散させたと言います。
当時のカポエィラはまだ路地の裏などで秘密に練習するものだったのです。

歌にも多く出てくる伝説のカポエィリスタ、ビゾウロ ジ マンガンガーの有名な逸話に警察に没収された
自分のビリンバウを取り返すために警察署に乗り込んで大暴れしたと言ったエピソードがあります。

カポエィラが合法となるのは、奴隷制度廃止から実に半世紀近く後、1932年
ジェトゥーリオ ヴァルガス大統領の時代です。

二つのスタイルに分かれたカポエィラ

現在、様々な流派が存在していますが、それらは大きく分けて二つの流派に分類できます。
一つはメストゥレ(マスター) パスチーニャが古くからのスタイルをまとめ上げた「カポエィラ アンゴーラ」
もう一つはメストゥレ ビンバが1928年に創始した「カポエィラ ヘジォナウ」です。(できた順番はヘジォナウの方が先です)

カポエィラ アンゴーラ
アンゴーラとはカポエィラのオリジナルがあったと言われているアフリカのアンゴーラを指しています。
基本は比較的ゆっくりとしたテンポで動き、儀式的な雰囲気が強く出ています。
しかし実際に闘う場合は相手を牽制しつつ隙をついて一気に接近し、
鋭い蹴りを放ったり足をからませ相手を倒すと言った攻撃を行います。騙しあい、ふざけあいの要素などもかなり強いです。
アンゴーラは手を地面につけて行う事が多く、逆立ちなど頭を低い位置にする事が多いです。
動物の動きからヒントを得た動作が多いのも特徴です。
シャマーダと言われる相手を呼ぶいくつかのパターンがある動作を、ジョーゴの仕切り直しのためにするのも大きな特徴です。
また、ヘジォナウに比べてアフリカの土着格闘技に近い形のものを継承しています。
アンゴーラのビデオはこちら。
メストゥレ モライスのジョーゴ1: 6.50MB
メストゥレ モライスのジョーゴ2: 5.95MB
メストゥレ モライスのジョーゴ3: 7.31MB
メストゥレ モライスのジョーゴ4: 7.55MB
メストゥレ モライスのジョーゴ5: 6.25MB

GRUPO DE CAPOEIRA ANGOLA PELOURINHO JAPAOの協力を得て作った動画です。

カポエィラ ヘジォナウ
一方ヘジォナウはアンゴーラに比べて動きのテンポが速く(アンゴーラも速く動く時はもちろんあります)、
華麗な蹴り技とアクロバティックな動作を多く含んでいます。

メストゥレ ビンバの父親はバトゥーキと言われる格闘技のチャンピオンだったので、その影響もあるようです。
また、多彩な技の中には空手、サバット、テコンドー等カポエィラ以外の格闘技や体操やダンスから取り入れた技もありますが、
これらは創始者メストゥレ ビンバが1人で全部取り入れたものではなく、
後の継承者達によって徐々に取り入れられてきたものだと言います。

実際、メストゥレ ビンバの時代カポエィラを撮影したフィルムがあるのですが、
その動きは現在のものに比べるとシンプルなものです。
昔のカポエィラの動きは、現在も健在の古いカポエィリスタ達の動きの中からも見られます。

カポエィラ ヘジォナウの名前の由来はメストゥレ ビンバが最初にこのスタイルにつけた名前にあります。
最初メストゥレ ビンバは自分の作ったスタイルの事を
LUTA REGIONAL BAIANA(ルタ ヘジォナウ バイアーナ)と名づけました。
意味は「バイーア地方の格闘技」と言った感じでしょうか。バイーアとはバイーア州の事です。
なぜカポエィラと言う名前をつけなかったかと言うと、その当時はまだカポエィラ解禁前でイメージも悪く、
名前に「カポエィラ」とつける事ははばかられたからです。

メストゥレ ビンバの最大の功績、それはカポエィラの練習システムをしっかり体系化し、
それまで路上で行われていたカポエィラを他の格闘技や武道と同じようにちゃんとした道場で行うようにした事。
カポエィラ初のアカデミーア(道場)はメストゥレ ビンバが作ったと言われています。1932年の事です。
(Centro de Cultura Física Regional(セントゥロ ジ クウトゥーラ フィーズィカ ヘジォナウ)5年後に政府の認可得る)

カポエィラのイメージを良くするのに一番貢献したのはメストゥレ ビンバです。
当時のジェトゥーリオ ヴァルガス大統領の前でデモンストレーションをし、
彼をしてカポエィラを「国技」とまで言わしめる事に成功しました。1953年7月23日の事です。

ショーやスポーツとして一般的に定着しているカポエィラは、こちらのヘジォナウ的なカポエィラになります。

現在はさらにカポエィラ アンゴーラとカポエィラ ヘジォナウを混ぜて、比較的自由なルールを持っている
カポエィラ コンテンポラーニア(もしくはそのままカポエィラ)と言うものが世界的に広まっています。

ヘジォナウのビデオは「ホーダ・ジョーゴ動画」ページにあります。

カポエィリスタとは

カポエィラには武道の要素も含まれており、その精神性も未だ生き続けています。
技と共に受け継がれるカポエィラの精神には「死をも恐れずに自由に生きる」という奴隷達の悲痛の願いが刻まれています。
「カポエィリスタ」とは、心・技・体の全てを要求され、また多くの血を流し伝承し続けてきた先駆者達への
感謝の気持ちを技術と共に次の世代へ伝え、そして今、奴隷制のない時代、
この現代社会におけるカポエィラの役割を考え、実践していく者です。

練習の最初と最後に、右手を胸に当て、前に出しながら(ブラジルサッカー軍団がやってますね)

「Salve(サウヴィ)!」

と言いますが、これは先駆者達への敬礼なのです。
(ちなみに管理人のグループ、グルーポ ジ カポエィラ ヘジォナウ テンポではメストゥレ ビンバの弟子であり、
うちの先生、コントゥラ メストゥレトニーの先生であるメストゥレ ヴェフメーリョ27の名前をSalveの後につけます。)

表紙に戻る




カポエィラの形態

カポエィラの歴史の説明へ



 カポエィラをはじめて見た時、人によってはこれは振り付けをした踊りなのか?と思うかもしれません。
実際は完全なアドリブで技を出し合っているのですが、それにしてはあんなに思いっきり蹴っているのに
ぶつからないし、妙に動きが噛み合っているじゃないかと不思議に思う事でしょう。
それに楽器も演奏してるし、動きは異常ですし、なんとも掴みがたい印象を持つと思います。


円運動

カポエィラを説明する時に欠かせないのは、円運動です。様々な場面で円運動をして、
技から技へつないで行きます。攻撃にだけでなく、防御にも円運動が取り入れられています。
相手が円で攻撃するので、受ける人間は円で攻撃を流せば、攻撃が当たらないと言うわけです。
さらに円の中で組み手は行われ、移動も円を描くように動きあいます。
さながら歯車が噛み合うように、カポエィラの組手は行われます。

もちろん直線的な攻撃もありますし直線的な回避、ガードもありますがカポエィラを特徴付ける動きは
円運動にあると言っても過言ではないでしょう。
正太郎とたかゆき
まさに歯車のように噛み合っている瞬間

カポエィラの組手、ジョーゴ

組手と言う書き方をしましたが、ブラジルではカポエィラをする時、主にジョーゴ(Jogo)と言う言葉を使います。
これは英語で言うとゲームになります。彼らはカポエィラをスポーツ的に楽しんでいるのがわかると思います。
なので、往々にして相手を倒そうとして格闘技的にカポエィラをやっているわけではないのです。(そう言う時もあります)
あくまで、お互いを尊重しあい、相手との距離をはかりながら、その時に出せるベストな技を繰り出し合う、
終わった後に握手で終わる、そんなジョーゴをするのです。

ブラジルでは、カポエィラをストリートチルドレン等の更正の手段に使ってるのですが、その理由は以上にあげた、
人間関係の縮図のようなジョーゴの中にあると思われます。
(障害者の教育としてもカポエィラはその力を発揮しています。)
カポエィラ テンポ本部
ジョーゴをしている様子

音楽との関係

歴史の部分で述べましたが、カポエィラには音楽が切って離せません。それは奴隷達がカモフラージュの
ために音楽にあわせてあたかもダンスの練習のようにカポエィラを練習していたのをそのまま今に
受け継いだからと言われています。

やがてカモフラージュとしてだけではなく、そのリズムもカポエィラに欠かせない要素になりました。
バテリーア(楽器隊)と手拍子が刻むリズムとは全然違うスピードでジョーゴをするわけには行きません。

さらにビリンバウが奏でるトーキ(旋律)によってジョーゴのスタイルが違ったり、
歌われる歌の内容によってジョーゴのスタイルに気をつけたり、
その逆にジョーゴの様子についてやジョーゴをしている人についての歌が選ばれたりもします。
常に音楽と共にある。ここがカポエィラを他の格闘技と一緒にする事ができなくなる一番の理由だと思います。

もちろんジョーゴをしてる2人を応援する意味でも音楽は欠かせません。
その場にいる全員が参加するのです。一人一人の手拍子にも力があるのです。カポエィラ テンポ本部の子供達
楽器練習をする子供達

楽器、演奏

例をあげますとカポエイラ テンポが行っているカポエィラ ヘジォナウと言う流派では、
ビリンバウと言う弓のような形をした弦楽器を1つ、パンデイロと言われる、いわゆるタンバリンのような楽器を2つ、
それに手拍子と歌とコーラスで演奏を行います。
もっと盛り上げるショー的な部分(フロレイオ)では、アタバキと言われる縦長のコンガのような太鼓を混ぜます。
ビリンバウ
ビリンバウ
楽器達 foto: yohta
パンデイロ               

勝敗は?

カポエィラは基本的に勝敗をつける事をしません。あくまでお互いのベストを出し尽くし、終わった後に握手で終わる。
どちらがうまいか等は、はっきりと形で見せなくても、そこにいる全員が心の中で思うだけでいいのです。
時には足払いなどでわかりやすい決着をつける時もありますが、それも相手を打ち倒すと言うような厳しいものではありません。

カポエィラの集会、ホーダ

カポエィラには試合と言うものがありません。(行うグループもありますが、全てがそうではありません)
その替わり、ホーダ(Roda)と言われるカポエィラの集会が定期的に行われます。

ホーダとは直訳すると「集会」、もしくは「円」です。カポエィラのホーダにはその2つの意味が含まれています。
まずホーダを行う場所には、床に大きな「円」が書いてあります。その中で2人のカポエィリスタがジョーゴをするのです。
そしてその円をカポエィリスタ達で囲み、その中心に楽器隊が陣取ります。

その様が「集会」なわけです。
ホーダはビリンバウのリズムに合わせ、時にゆっくり、時に激しく行われます。
手拍子を打ち、歌に耳をかたむけ、歌い手が「速いジョーゴが見たい」と言う意味の歌を歌えば、
ジョーゴをしてる2人は速いジョーゴをはじめ、周りの人間はそれを囃し立てるようにコーラスに力を入れます。

一言で言えばホーダはお祭りのようなものです。
この中に入ったら、老若男女、国籍も関係なく、1人のカポエィリスタとしてホーダを盛り上げるのです。
その結果によってアシェー(エネルギー、力)が満ちているホーダが良いホーダです。
2004/03/04 カポエィラ テンポのヴェフメーリョとフラカォン
カポエィラ テンポ本部のホーダ

表紙に戻る




おまけ:カポエィラ関連モノ(完璧ではありません)

(こんなのカポエィラじゃないけど、名前出てるし・・・ってのも含みます)
カポエィラっぷりを5段階で評価・・・5がいちばんカポエィラ的。他になんかあったら教えて下さい。
08/01/13更新

ビデオゲーム  マンガ
オンリー ザ ストロング
バトゥーキのメストゥレ アメイン
5鉄拳(エディ・ゴルド)
鉄拳3のエディーのモーションをした人のインタビュー
5空手バカ一代
カポエラと言う誤表記のはじまり
1
クエスト5TOBAL2(マーク)
カポエィラ ヘジォナウ ジャパォンの矢部良がモーション
5コータローまかりとおる!
38巻と40巻。いい感じ
5
キックボクサー4
バトゥーキのメストゥレ アメイン
5バスト ア ムーヴ(キキ・ララ)3修羅の門 2
M:i-2
トム・クルーズがちょっとやる

2餓狼伝説(ボブ・ウィルソン)2DEI48 2
トム・ヤム・クン!
5ダンス ダンス レボリューション(通称アフロ)4わっぱ列伝爆造 1
オーシャンズ12
4
エアガイツ(JO)
TOBAL2のモーションを流用
4ヤスミンのDANCE!
カポエィラ・テンポの竜太が一部監修
5
キャットウーマン
3
バウンサー3 小説
ルーフトップ
3
デッドオアアライブ4(ラ・マリポーザ)
カポエィラ・テンポの竜太が一部モーション担当
4超老伝
〜カポエラをする人〜
2

表紙に戻る