掲示板カポエィラとは楽器と音楽技動画組手動画カポエィラ テンポの説明&写真日記 | 通販用語集リンク トップ

ブラジル・サウヴァドール日記
2006 Brasil Salvador

2/23(木)

ファンファーレ隊は昨日の2時以降にやっと来たっぽい。
寝てるっつの。

レウは足の裏結構やばいらしい。まだ歩けないと言ってる。腫れて。

今朝も早くからエレナと彼氏は店作りに励んでる。初めての共同作業みたいな感じで。
エレナ昔はエラい太ってたけど今は結構キレイかも知れない。
こんな感じ。
トニーはいつの間にかカルナヴァウ期間のために大量に買出しに行ってた。

で、一緒にパダリーアへ。
パダリーアの商品がこの期間値上がりした事をずっとぶつぶつ言ってる。
近くに来る店員全てに。SPEEDは逆に値下げしたのにとまで。
あー。

楽器の練習して海へ。
やっぱり人が増えてる。イヤだなあー。

トニーが70R$で日曜のブロコのアバダをゲットできると言ってきたけど、トニーと一緒じゃイヤなので行かない。
どっかに売って金を稼いでくれー。

ちなみにカルナヴァウ期間はあぶねえからあんまり写真撮れないと思います。あしからず。

ジョアォン パウロがまたパソコン直しに来て、一緒に妹のダンダーラも来る。
うちの生徒に編みこみしてもらってる。
さりげなく技術ある奴が多いね。

なんか出店の準備は手伝うことなさそうなので筋トレしたり。
大人は大体もう飲んでる。

足のダメなレウは家に帰る。悲壮な感じで。

エレナの出店もはじまり、少しずつ客が入る。トニーとか俺とかジョアォンパウロとか・・・。

いやーはじまりましたねえ。カルナヴァウ。

トニーに連れられて姪のダンダーラと一緒にうちの黄帯のドゥーアの親戚がやってる観覧席みたいなのを探しに行ったけど
見つからず。
観覧席はカマロッチ。
道で観覧する人をピポーカ(ポップコーン)と言います。
叔父と姪
観覧席ことカマロッチ
とりあえずすでにトリオは来てる。トリオは音響装置つんだ電飾トラックですね。
トリオの周りはロープで囲まれてて、その中で楽しむにはTシャツ買わないといけない。大体1万円以上。たけえ。
トリオを囲んだのをまとめてブロコと言います。
トリオがせまってきてる
これがトリオ。ロープを持ってる人達がいる。ガードマン。
今日は初日なのでそんなに危なくない。
今日以降はあんまり写真撮れないでしょう〜。
そこらへんにカマロッチが立ち並んでる
安全に決まった場所で見たい人はカマロッチ
違うトリオがせまってる
手前のヘルメットの人は警察。警察超多いので安心
アカデミーアに戻ったら出店でピザ食ってるちゃんとした客がいた。まあ順調に行くでしょう。
って言うか今年のカルナヴァウは食い物に困らないぜ!!!
支払いはツケ。

ゼリーノが来た。トイレ借りてった。

ダンダーラはジョアォンパウロの妹なのに相当かわいい。
プリンセーザに続きファンができるでしょう。
トニーと同じ血が流れてるのは顔でわかる
そんでUNICARの連中が来る。って言うかメストゥレ マリニェイロのところの連中。
ドイツから来てるヴァッソウラにまた会った。
こいつのポルトガル語も怪しいな〜。俺もだけど。

そんで1人で歩いてトリオの流れに逆行して進む。カメラとか置いて。
ペロウリーニョまで行くつもりだったんだけど。

途中シクレッチ コン バナーナ、イヴェッチ サンガーロ、シェイロ ジ アモール、バンダ エヴァなど有名どころの横を通る。
イヴェッチは顔が痩せたような気がするけど元々そう言う顔だっけ。
下から見上げるから足が太く見える。
元々そうだっけ。そうだ。

毎回必ず生でイヴェッチ見れるからいいよな〜。

途中いつものようにケンカを何回も見る。
警察に捕まった泥棒とかも。

流石にもう慣れてるので、巻き込まれない。やられない。
それでも突然意味無く顔殴る奴とかいるので、やばそうな時は必ずどっちかの手を顔に近づける。
鼻を触ったりなんだり自然に。
ファイティングポーズ取るって言うか顔を鉄のカーテンで守る奴もいるけど、
ソレケンカ買うって見えるから良くない。

今日一番こええと思ったのはロシアンフックとアッパーをし続けながら進んでた奴。
ファイナルファイトみたいだった。
市長の方。

バーハの、バーハ〜オンジーナ間のトリオのスタート地点よりちょっと行ったぐらいのビーチ側の塀の上で一休み。

一休みしたらまた頑張れるかなあと思ったけど逆で、もう無理だと断念。
帰る。

昨日の筋トレが下半身だったので、ふくらはぎとかがなおさらやばい。

なのでさすがに近道で帰る。なるべく人ごみのない方で。

でも泥棒が捕まってて、警察になんか文句言った途端に
バキイィ!!
右ストレートが入り、
「俺を見ろ!」
「俺を見ろ!」
連呼。

こええ〜。警察こええ〜。

でも人ごみを進む時、警察(4人一組、一列になって見回りしてる)の列の後ろにつけると一気に前に進める。
みんなソレ狙ってるから争奪戦っぽくなる時があるんだけど、
なんだかゲームみたいで面白い。

でも逆に警察の道をふさぐとたまに殴られる。
こええよ。

行きより近道なはずなのに長く感じる道のりを歩いて歩いてサビーノ シウヴァを抜けて抜けて、なんとかもう目と鼻の先って
ところで、俺の横をもうダッシュで走り抜ける上半身裸の男。
そしてソレを追いかける男達。
泥棒〜。

で、警察も猛ダッシュで追いかけてた。

追いかけようとしたけど足的にもう無理だった。残念。
って言うかまあ捕まったでしょうさすがに。

こんなに警察多いのによくやるよな・・・。

帰り着いてまたピザ食ってたらうちの黄帯で、同じく黄帯のアントネーラの母親のヒゾレーニが来た。
そんな感じで色んな人に会う事になるでしょう。

日記の入口へ戻る 表紙に戻る