掲示板カポエィラとは楽器と音楽技動画組手動画カポエィラ テンポの説明&写真日記 | 通販用語集リンク トップ

ブラジル・サウヴァドール日記
2006 Brasil Salvador

3/17(金)

トニーは新しい部屋を上に作ってから寝る場所はずっとそこにしてるので、思い切ってトニーの部屋で寝る。
いちいちアカデミーアに布団敷いたりするのめんどいし。

・・・暑くてダメだった。

無駄に汗かいていやな感じ。
って言うかあとトニーのベッドって整骨院のベッドみたいで超細いんだよね・・・。よく耐えられるな。

整骨院のベッドみたいに頭の部分角度変えられるし。(笑)

今日はやっと下水工事する日。トニーの部屋の床を壊して下水管とかいじるらしい。
ので、トランクを閉める。

で、俺はやっとサントアマーロに行ける事に。

うちのバチザードの時にACARBOのコントゥラ メストゥレ ベンデンゴーとかに金曜授業あるかとか聞いたら来いよと言われた。
この国の場合こう言う時は社交辞令じゃなくて本当に来てくれって意味ってのもあるし
ACARBO超好きなので行きたかったんだよね。

今日と明日はトニーに聞いたらカポエィラ的には何もないので丁度いい。
工事の手伝いできないのは悪いけど。
トニーはやたらと優しく、こう言う時は全部まかせろと言う。
働かない時は働かないけど働く時はすげえ働くんだよね。

で、バスに乗ってバスターミナルへ。
普段はバスターミナルから歩いて5分ちょいのイグアテミのショッピングセンターで降りるんだけど、
歩くのけったるいし試しに終点のバスターミナルまで乗り続けて見る。

・・・うーんすげえ遠回り。
GRANDE CIRCULARと言う行き先のバスだけあってグランジに回ってた。

まあでも「あーここがBROTASかー」とか具体的に知れたからいいけど。
メストゥレ ビンバゆかりの地。

ターミナルの2階で500円ぐらいのチケットを買う。
いちいち名前を入力するらしくて聞かれたんだけど、
竜太と言って反応するはずがないのでアルファベットで言う。
エリ イプシロン ウー テー アー
うーんめんどい。

30分時間があったので昼飯食ってたら日本人3人連れがいたので声をかける。
これからカショエイラに行くらしい。
ステキな川があると言ううわさのカショエイラですねー。いいなー川。

で、バスに乗る。よくよく考えたら1人でどっか行くってのは7年前のサンパウロ以来かも?どういう事よソレ。

1人なので当然電気グルーヴのオールナイトニッポンを聞く。二部の頃の。深夜のつかいっぱしりいいなー。

相変わらず地下鉄の工事は止まってて、コレほんといつできるんだろうとか思いながらすごす。

ついてメストゥレに電話して迎えに来てもらい、まずは家へ行って荷物を置いてシャワーをあびる。
17時からホーダで、その後マクレレーちょっとやるって。

で、1時間以上時間あるんでメシをご馳走になる。今回はじめて貝を食べた。
「食えるのはこれだけだからな、これは殻だからな」
ってメストゥレ、知ってますよ・・・。

ギャグのつもりだったわけじゃないらしい。

トニーにこの家は蚊がたくさんでるからノーマット持って行けと言われてたのもあって持ってきてたんだけど、
俺の部屋電源取れない!
衝撃だった。

虫除けスプレー持ってくれば良かった・・・。ムヒアルファは持ってきたけど。

で、昼根して起きたらもう丁度いい時間なのでメストゥレと一緒にアカデミーアへ向かう。
途中、子供達が増えていく。

って言うかバスターミナルから家もアカデミーアも近いので、俺の中でのサントアマーロは凄く狭いイメージがある・・・。

ついたらまず子供達が掃除をさせられてた。素直にやってて偉いと思った。

って言うか昔と特に変わってないなあ。床の穴はあいたままだし。
って言うか昔と違うところは車が3台もアカデミーアの中にとめてあったところぐらいか。

子供が多いね。
やがてジェフェルソンが来て安心したけど。こいついい奴だなー。
顔が天神小学校の松沼先生に激似だし。松沼先生元気にしてるかなあ。

で、まずはウォーミングアップからはじまり、ホーダへ。
ここのシステムは、バテリーアの前に2人スタンバイするんだけど、基本はそのスタンバイしてる人が1人ずつ割って入る。
もちろん上の人間は気にせず割って入れる。

ビリンバウはまずアンゴーラを弾いて、今日は途中からずっとビングエラだった。
ヘジォナウのビングエラじゃなくて今風のビングエラだけど。普通にアクロバットもしてた。

一番印象に残ったのは子供が結構まじめなところかなあ。
うちの本部がやばいのか。
床ざらざら
俺は途中までは結構元気だったんだけど、なんか微妙に調子が悪くなり後半はあまり出れなかった。

まあ充分ジョーゴしたからいいけど、メストゥレとはできなかったなあ。

「こいつうまいなーやられるかもなー」
と思ってた人とジョーゴしてみても、意外とやられない自分がいたりしてって言うか押してたりして、
なんだか自分のレベルって自分では全然計れてないなあと思ったりする。

自分のアペリード(あだ名)はすばしっこいとかそう言う意味のリジェイリーニョなんだけど、
最近はなるべく速く動かないようにしてる。トニーに言われてるので。
速いとその分危険だから。

自覚はあんまりできないんだけど、俺が速く動く時は相当速いらしく、こっちでも良く言われる。
まあアペリードがソレだからソレでいいのかもだけど疲れるしねえ。

って言うか竜太って一発で言えるブラジル人はいないので、つくづくめんどいなあと思う。
子供ができたら外人が言いやすい名前にしようと思う。

とりあえずジェフェルソンは俺の事をリューダと言う。多分そう言ってる。いいけど。


ホーダは途中から大人が少しずつ増えていく。メストゥレの奥さんのプロフェソーラ エジレーニと息子のハイラン(6歳)、
コントゥラ メストゥレ ベンデンゴーの彼女のプロフェソーラ タイーザとか。プロフェソーラ2人はかなり厳しい。ちゃんとしてる。

結局はでも子供の方が全然多い。

って言うかこっちの子供は楽器を積極的にやるんだよね!ビリンバウも。

って言うかソレに関してはハイランが凄い。アタバキがうまい。歌も当然歌う。
そしてこいつはジョーゴが一番凄い。
飛ぶ。回る。なんでもする。
6歳だぜー6歳。さすがメストゥレの息子。
ホーダからはみでまくって飛ぶハイラン
親父と息子
フォーリャするジェフェルソン
アウー セン マォンするジェフェルソン
飛ぶジェフェルソン
メストゥレ マカーコ!
あとおばさん達が5人ぐらい。ジョーゴはしなかったけどユニフォームを着て、手拍子や歌、パンデイロ、アゴゴなどで参加してた。
不思議な光景。

ホーダの後はマクレレーの基本の振り付けを1回通す。
途中までグリマ持って叩く役をやる。
グリマ重いよ。
車待ち中
ジェフェルソン死亡
で、途中で車が出るってのでビデオを移動したりして、ソレをきっかけにアタバキにまわる。

おー一緒に叩くとなんとかなるな。多分おぼえられてないけど普通に叩けてた。
こっちのマクレレーはリズムが数パターンあるんだけど。
この環境にいたら自然におぼえるなー。

で、明日午後に通称ビリンバウと言う街(本当に通称ビリンバウ)のイベントに行く話とかをメストゥレがする。
どうやらそっちで1泊するらしいので、日曜の朝にアレンベーピのホーダに行く予定の俺は明日帰る事にする。
かなり行きたい気持ちはあるんだけど。でもオレーリャのところのホーダもねえ。

で、みんなでメストゥレの家の前に集まってサンバ ジ ホーダ。
なるほどー、いいシステムだ。
酒飲みながらね。
俺はいきなりワインを飲まされた。超うまいし。ジュースみたいなの。
俺を撮れと。
ジェフェルソン
女だけタイム
ジェフェルソンの話だと最近のホーダは子供が多いと言ってた。うちと同じだなあ。
あとこっちの子供はしつけがちゃんとしてるね、と言ったらきっと1週間もいたらそうは思わないぜーと言われた。
そういうもんかー。

あとACARBOはフランスとドイツに支部がある。
確かドイツの支部はうちのメンバーのケンジさんが行ったんだよね。ケンジさん元気かなー。

サンバ ジ ホーダの後は大人だけ何人か残ってビールを飲み続ける。
今日は大人と言ってもおばさんばっかだけど。

俺は隣のレストランでフェイジョアーダを食う。うまいよ。

解散してうちらも家の中に入り、シャワーをあびてからハイランにデジカメを貸してみる。
デジカメこう言う時ほんと便利ねー。

あと、ワードで名前を書かせてみようとしたら文字はまだ習い途中でちゃんとできなかった。
自分のフルネームおぼえてないし。
Jeferson Railan dos Santos Neves
まあ長いしね。

最初、Fの事をフェーと言ったり、Nの事を確かネーと言ったりでわかりづらかった。
子供はそうなんだよねー。

でもこいつ、すげえ喋るね。
親父にこっちこいとか言われてもなんかうまくかわそうとするし。台詞で。

俺の髪の毛を気に入ったらしくやたら触ってくる。
黒人はよくこう言う直毛にあこがれると言うけど。

そしてなんか自然に歌を教えてくれるようになってた。ワードで打ちながら。

あと今日撮った写真を見ながら、「これ俺の彼女」だって。7歳らしい。1歳違いかー。
なんつうかすげえな〜。

なんでもアリだなこいつ。
ポーズ解除したところ
家族
どう考えてもこいつ将来メストゥレになるよ・・・。

日記の入口へ戻る 表紙に戻る