掲示板カポエィラとは楽器と音楽技動画組手動画カポエィラ テンポの説明&写真日記 | 通販用語集リンク トップ

ブラジル・サウヴァドール日記
2006 Brasil Salvador

4/01(土)〜02(日)

実はリコンファームしてないんですよねー。
まあ混んでる時期じゃないので大丈夫でしょうけど。
リコンファームしないとたまにラッキーな事があると言う噂もあるので。ってこんな事推奨しちゃダメだ。

朝は起きる予定の1時間前にトニーに起こされる。
まあいいけど。飛行機で寝まくってやるさ。

そしてトニーはカウサのロゴ刷りをやる。
やっぱり最後の最後に完成するのね・・・。早く乾かないかなあ。

今日はエイプリルフールだからなんか色々うざい事が起こりそうって言うかうざい事言われそう。
って言うか起こされる時点で言われてたけど。
は〜会う人全員に言われそうだ。

引き返して帰ってきちゃおうかな。
実は今日じゃなかったんだ〜ウヒヒー
イヒヒー

結局サイトの技動画全部撮れなかったなあ〜ウヒヒー
黒いうちに撮りたいな。イヒヒー

アニーと話をする。
最近うちに入った小さい子供、ちょっと困った子供なんだけど、どうやら母親(元々片親)に捨てられたらしい。
で、イダリーナんちに預けられたんだけど、周りの子供にいじめられまくって悲惨なので
アニーがカポエィラさせるようにしたらしい。
おかげでずいぶん落ち着いたしいじめれる事もなくなった。
そうかーそんな奴だったのか。カポエィラで救われるなこいつの人生。

あとサォン ラーザロではじまった子供のサンバチームに、正太郎さんがこっち来たら参加させるって。
正太郎はMolequeだから。との理由で。
準備しときなさいよと。
俺は撮影班で。

で、ヴェフメーリョんちにメシ食いに行く。
トニー魚買ってムケカ作るって言ってたけど呼んだらこっちに来た。
しばらくしてフラカォンも来る。親戚の車で。冗談好きなのはいいけど車の運転で冗談はあぶねえよ。

ヴェフメーリョの大学の同級生のカベサォンがいたり。
頭でかいからカベサォン。忘れられないあだ名。

ヴェフメーリョママがさやかにプレゼントと言って、やたらと梱包しっかりしないとダメだって家族で言ってたから
どうせそれは冗談で本当はファリーニャ(芋の粉)だろうなと思ってたらなんとコレ・・・。
ドッヒャ!!(ウルトラクイズの出題の効果音)
えええええ〜〜〜出発当日にこんなに荷物増えるの!?
・・・トランクにすでにつめた枕を手荷物にする事に決めた。即座に。

って言うかファリーニャもついでに貰った。次回激しくお返ししないと。調理道具だよな。

で、この間のホーダのビデオを見ながらメシを食う。
料理してる時の匂いで大体見当ついたけどエスコンジジーニョだった。うまーい。

とにかくビデオ見ながら話しまくる。
何度も巻き戻しさせられたりスローとかも。

今日は一日メガネなので、ちょっと離れた所に置いたテレビの画面に映る自分の姿がパっと身ではよくわからなくて、
あれ?アンドレー?と思ったら俺だった。
いや、色違いすぎるけど。動きね。

インジオがまた魚をゲットして帰ってきたり。
うお
生まれた子犬が何故か1匹になってたり。あげたのかな?
また子犬
手術して1ヶ月固形物を食えないホベルタは確実に痩せてた。
あとホベルタのお母さんがいた。

そんな感じで大勢ですごして楽しい最後のメシだった。
ビールも少し飲まされて。もうビールはいいです。
いい面子揃ったなあ
アカデミーアに戻って荷造り本格的にはじめる。
って言うか予想はできたんだけどヴェフメーリョんちに長居しすぎた・・・。

雨降ると予報で言ってたけど降らず、とにかく暑い。
睡眠不足もあって汗かきまくりできっつい。
貰ったナベがやっぱりネックですねー。
大丈夫かなー、一応トランク閉まったけど中身・・・。
アカデミーアに置いていく物
あとまいさんが来る。
グルーポ テンポで練習する事にしたのでちゃんとソレをトニーに伝えたり、軽く説明したり。
トニーとの会話も全然トバしててすぐここに溶け込むなこの人、と思った。

昨日はブラジリアからブラジルのJICAの一番えらい人が来てて授業見られたらしい。

で、バス停へ。
来た時と同じくジュリオが手伝ってくれる。
バス停で待ってたらヴェフメーリョがビーチにあるサッカー場でサッカーやるついでに来る。

・・・しかしやっぱりいつもそうだけど土曜はバス来ない。
途中にあるイグアテミのショッピングセンターまで行く高いバスは10台ぐらい来たんだけどね〜。
40分は待ったんじゃないか。

途中タクシーの運ちゃんが交渉に来たり。
まあ10倍とかになるからバスで行くよ。

そう言えば鼠がいる、ぐらいしかウソつかれてないな。

お別れはさっぱりと。
トニーも俺もそう言うの嫌いだから。
って言うかいっつも俺来るから。

もう海側の席に座って景色を眺めたりとかは特にしなく、寝てる間に到着。

心配事が2つあって、1つがリコンファームをしてない事。これは何も言われず何事もなかった。いい事もなかった。
もう1つが荷物の重さ。
これは2個荷物あるので、とっとと1個目を奥まで押し込んで重量計の外に3分の1ぐらい出す事でクリアー。
絶対オーバーしてましたよ。確認するの不可能だったけど。

いつも食う店でクレープを食う。いつも思うけど甘すぎてこれ飛行機で具合悪くなるな。
あとジュースに砂糖が入ってない。入れたかったら自分で入れる。ダメだこの店。
うちの生徒のトゥカーノがバイトしてるんだけどいなかった。もういないのかな。
リアルマネキン
サウヴァドールからサンパウロへの国内線はなんか長く感じた。

サンパウロついたらエイプリルフールだからトニーに
「飛行機出なくなった!」
ってウソ電話でもいれようかなあとか思いながら寝たり。


で、サンパウロについて、とっとと国際線のゲートくぐろうとしながら運行状況を見たら
「キャンセル」
って書いてある・・・。

え?

どうにかなるよね?
と適当な期待をしてゲートの係員にチケット見せたら
「朝8時まで中いてもいいけど」
今は夜11時。

イヤです。

つう事でVARIGが手配するホテルに行く事に。

9回ブラジル来てはじめてだよこんなの。
1回はJALだけど。

いやあートニーにウソつくとかなんとかっつうか本当にそうなるとつまらねえ〜。シャレにならねえ〜。
報告しようかとも思ったけど、
「お前ソレ、ウソだろ。だまされないぞ〜今日はウソの日だ!やるなあお前」
と言われるのがいちいちウザいからやめとく。
物凄くネタにされそうだし。笑いながら。


当然メシもホテル代も全部出る。そりゃ当然だけど。

送迎バスがなかなか来なく、来てもすぐ満員になったりでかなり待つ。
サンパウロの夜はやっぱりもう寒い。
半袖無理。

やっとホテル到着。
DOBLYってホテル。空港から車で20分ぐらいかなー。
へぼいホテルなんだろうなーと思ってたらかなりいいホテルだった。
シングルだと1泊1万円ぐらい。
俺、トニーに1泊570円ぐらいしか払ってないから。
ロビー。室内ですよ。
チェックインに長打の列。
普通に客として来た人は可愛そうに。
え、でも俺らも可愛そうですよ?

まあホテルの人はさすがにいい感じなのでちょっと救われる。

って言うかメシがうまかったんだよー。

部屋も広めでいい感じだし。
でも期待してた湯船はなかった。やっぱブラジルか。

そして5時間ぐらい寝る。寒いなあ。エアコン調子悪いし。
着替えないから全裸だし。寝相悪いからシーツ無しにいつの間にかなるとやばい。

モーニングコールで起きて、朝飯食ってまたバスで待たされて。
朝、外から
しかしせっかくサンパウロにはコルダォン ジ オウロのユキーニョいるのになあーまあ無理か。

空港では今年もまたマッサージを受ける。
15分で15$、もしくは30R$。イスに座る奴ね。
もっと足やってもらえるといいんだけどイスだとしょうがない。悪くはなかったですよ。

しかもなんとサンパウロの空港は無線でネットが使い放題になってた。おおー。

飛行機の俺の乗り方だけど、いつもなるべく最後に乗る。
どうせ待つじゃん。

そして大事なのは、空いてる席の確認。最後の方に行けばもうほとんどみんな自分の席に座ってるから、
空いてる席の確認が容易。

で、まあ4列シートゲットしようとそこでドアが閉まるまで待ってたんだけど残念ながら人が来る。
まあいいや。3列シートゲット。
今回は低反発枕もあるから最強だぜ。モグマクラ。低反発座布団もいつもどおりあるし。
死んだうちの犬の名前がモグなのでモグマクラ最強。

今更窓の外を眺めるなんて、って思ったけど、なんか雲の上を疾走する感じがたまらなく良かった。
3列シートで良かったかも。

って言うか悪い事あってもその中でちょっとしたいい事とかを見つけていかないと、
やってられないっつうの〜〜〜!だっつうの〜〜〜。
肥溜めに一輪の花だっつうの〜〜〜。

本読んで電気グルーヴのオールナイトニッポン聞いてハルシオン飲んで寝て、みたいにしてすごす。
体はそんなに辛くなかった。
前に座ってるアメリカ人の子供がたまに覗き込んでくるのでちょびーっとだけ相手したり。

ロスでは入国審査の時に生まれてはじめて空港で名前を呼ばれる。放送で。
ちょっと嬉しい。

まあ嬉しい事じゃないんだけど。

名字で呼ばれるのも久しぶりだ。
トニーたまに嫌がらせで呼ぶけど。

日本人は俺だけなんだって。同じ境遇の人。

この空港あんまりキレイじゃないね。

って言うか外出たら寒かった。

ホテルの送迎バスを待つところで、RAIZES DO BRASILと言うカポエィラ グループの
ジャージ着てる2人組がいたので話しかける。

最初に話しかけた方は即座に
「俺英語わからない!」
と返された。違うよポルトガル語だよ。
まあ俺も
「頼むから誰も英語で話しかけないでくれ」
と思ってるけど。

で、もう1人の方とちょっと話す。同じホテルらしい。

その後送迎バスで10分ぐらいの場所のホテルに到着。
うーん今度のホテルはさらにデカイけどボロイな。

って言うか俺は一応小学生の時に3年イギリスに住んでたので、英語全然できないけどたま〜にいい発音でしゃべる。
たまーにね。

で、うっかりソレをやると喋れる奴と勘違いされるようでその後大変な事になる。
小心者なので聞き返すの苦手だし。
まあ聞き返すけどさ・・・。
最初から英語わからないの丸出しで行かないとなあ。

さすがにここは湯船があった。ベッドもでかいしいいか。空調うるさいけど。
なにより無線LANでネットが繋がり、ソレがかなり速い。クレジットカードで金払うけど。

で、トランク開けてみたら・・・
ドッヒャ!!
ごめんなさい。見事に粉砕です。

ってそりゃそうだよーそうだよそりゃそうだよー無理無理。
あと他にも割れてる物が。

と、言う事でこれはこの部屋においておきます。捨ててね。ヴェフメーリョにはいつ言おう・・・。
あー荷物減った・・・。

メシは20ドルまで出る事になってたので多めに頼んだんだけどアメリカ!って感じで大味すぎ。まずー。
コーラもあきらかにこれどっかの安いコーラだ!こら〜!なんちゃって!テヘ!死!
&再生!
デス&リヴァース!もうわけわからん!

って言うかインド人多いですねここ。多すぎる。

さっきのカポエィリスタ2人に遭遇。
どうやらしゃべる方はメストゥレらしい。
Mestre Ralil。ハワイのマウイ島にグループがあるって。へー。そこに向かう途中だった。
http://www.raizesdobrasil.com.br/
すげえちゃんとしたサイトだなオイ。

まああんまり話できなかった。
寒くなかったら外でジョーゴでも・・・みたいにできたのになあ。

カポエィラはソレできるからいいよね。他の格闘技じゃちょっとない。
ダンスでもそうそうない。

外に出てみたけどほんと寒いなオイ〜。
って言うか何もないよ・・・店ことごとく閉まってるよ。日曜の夜9時。

まあ空港近いしね。そんな栄えてないか。

目の前の通りがMariposa Ave.
そしてホテルの住所にEl Segundoと言う単語が。
ここ中南米か?

El Segundoと言えばA Tribe Called QuestのI Left my wallet in El Segundoを思い出す。
かと言って頭の中にその歌が回るかと言えばあんまりそうでもなくて、
ほとんどは俺が今作った
「なにもない〜」
の歌。

なにもない〜

ちなみに送迎バス乗ってる時は
「アメリカファッキュー」
の歌。
Fuck Youじゃなくてファッキューだよ。

あ〜ポルトガル語使いたいー。

日記の入口へ戻る 表紙に戻る