掲示板カポエィラとは楽器と音楽技動画組手動画グルーポ テンポの説明&写真日記 | 通販用語集リンク トップ

カポエィラ用語解説
ア行|カ行|サ行|タ行|ナ行|ハ行|マ行|ヤ行|ラ行|ワ行|

※基本的に自分の団体での通称などを使っていますので、他の団体と色々と違う所があると思います。
※アンゴーラに関する知識はあまりないので、ご了承下さい。手伝ってくれる人募集中です。
※間違いや気付いた点があったら、メールでお知らせ下さい。

ハステイラ・・・rasteira(女性名詞)

足払い。主な使い方は、相手の蹴りに合わせて、相手の軸足を引っ掛ける。
グルーポ テンポでは、4番目の帯、青帯を巻くようになるまではあまりやりまくってはいけない技。
もちろん、青帯以上の人間が3番目の帯、黄帯以下の人間に対してはなるべくやってはいけない。
でもまあ実際に倒さなければ(マークするだけ)別にやってもいいです。

01/09/03 上に戻る 表紙に戻る

バテリーア・・・bateria(女性名詞)

直訳すると「バッテリー」だったりもしますが、カポエィラでは楽器隊の事を言います。
グルーポ テンポではまんなかにビリンバウ1本、その両脇にパンデイロが1つずつがメインの形です。
フロレイオ、もしくはカポエィラ フォウクローリカと言う、ショー的な展開の時は
それにアタバキが入って、ビリンバウを増やしたかったら3本まで増やします。
他の団体だと最初からずっとアタバキ、ビリンバウ3本が入っているのが普通です。他にアゴゴやヘコヘコが入ります。

04/04/12 上に戻る 表紙に戻る

バトゥーキ・・・batuque

ブラジルの格闘技。(今は全然見る事ができない)
カポエィラ ヘジォナウの創始者、メストゥレ ビンバの父親はバトゥーキのチャンピオンでした。
その父親の影響も受けて、カポエィラ ヘジォナウを作るに至ったわけです。

バトゥーキがどう言う格闘技か、自分はまだわからないのでこれ以上説明はできません。
ただ、ヴィンガチーヴァやバンダはバトゥーキから取り入れた技だと聞きました。それぐらいしか知りません。

01/09/03 上に戻る 表紙に戻る

ビリンバウ・・・berimbau(男性名詞)

カポエィラにおいてメインで使われる楽器です。
この楽器はカポエィラ アンゴーラでもヘジォナウでも使います。アンゴーラでは3本使い、
カポエィラ ヘジォナウの場合は団体と状況によって1本から3本です。
ビリンバウは昔からカポエィラの楽器だったと言うわけではなかったのですが、
今から100年前ぐらい(それ未満?)にカポエィラに合ってるようなので取り入れられたらしいです。
笹森の描いたビリンバウ
パウ(ヴェルガ)・・・棒の部分はビリバと言う木を使って作られるビリンバウが基本です。音もおそらく最も良いです。
アラーミ・・・弦は古タイヤの中に埋め込まれてるワイヤー(aço、アソと言う)を削って使うのが基本です。
ない場合は大体ピアノ線を代用として使います。
車がブラジルに登場する前は植物の蔓を使っていたようです。
カバッサはなるべく軽いものがいいようです。ただ、パウとの相性ってものがありますので、
色々試すべきです。基本的に大きく太めのパウには大き目のカバッサと言った感じです。
カバッサとアラーミをつなぐコルダ・・・紐(もしくはインフェイラ)は太くもなく、細くもなく、なるべくもろい紐がいいようです。
聞いた話では紙で作った紐がいいらしいですが、すぐに切れてしまうので微妙です。
ぺドラォン・・・ペドラ、石やドブラォン・・・ドブラ、コインは小さいよりそこそこ大きい方がいいです。軽いより重いほうがいいです。
バケータ・・・バチは好みの長さ、太さ、重さでいいと思います。
カシシーはあまり大きくない物を。

ビリンバウの弦の張り方はいろいろありますが、
膝で押さえながらやるのが普通と言うかメストゥレ ビンバはそうしてたと言います。
足の裏で押さえるのは折れやすいと言います。

その他の説明などはビリンバウの弾きかたページへ。

04/04/12 上に戻る 表紙に戻る

フォルマード・・・formado/da

直訳すると「形成された」「卒業した」。カポエィラで使う場合は一通りの事を修了して認められた人を指します。
団体によって違いますが、グルーポ テンポではフォルマードのコルダ(帯)はコルダ ヴェルメーリャ(赤帯)です。
うちの団体では、フォルマードになれば正式に支部を持ってもよくなります。

01/11/21 上に戻る 表紙に戻る

ベンチーニョ・・・Bentinho

カポエィラ ヘジォナウの創始者、メストゥレ ビンバにカポエィラを教えた人。
当時はまだカポエィラ アンゴーラもカポエィラ ヘジォナウもなかったわけですが、
今のカポエィラ アンゴーラのようなカポエィラを教えていたと言います。

01/09/03 上に戻る 表紙に戻る

ホーダ・・・roda(女性名詞)

直訳すると「輪」、「集会」。この2つの意味を含みます。
輪を作ってやるカポエィラの集会の事をホーダと言います。

グルーポ テンポのホーダに必要なものはビリンバウ1本とパンデイロ2つで構成されるバテリーアと、
輪を構成し、輪の中でジョーゴをするカポエィリスタ達と、最初に歌われるクァドゥラと、その後に歌われるコヒードです。
ホーダの最後はアタバキを入れて、男は上半身裸になってジョーゴする2人はお互いお客さんに見せるような
派手な動きの応酬をし合う、「フロレイオ」と言うパートを行います。
フロレイオはあくまでオマケのような物で、フロレイオはカポエィラ ヘジォナウではありません。

その他カポエィラのホーダには様々なルールがあります。
ビリンバウの前を横切らない、ビリンバウの前に座らない、ビリンバウを良く聞きビリンバウに合わせる・・・、
ビリンバウについてだけでもたくさんルールがあるのでここには全部書きません。

ちなみに30分ぐらいの練習後にやるような短いホーダはホジーニャ(rodinha)と言う事があります。

04/04/20 上に戻る 表紙に戻る



上に戻る 表紙に戻る